都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅の部屋の向きの特徴と選び方

賃貸住宅の部屋の向きの特徴と選び方

カテゴリ:設備条件に関するノウハウ

賃貸住宅の部屋の向きの特徴と選び方

賃貸住宅を探すとき、部屋の向きは重要なポイントです。
部屋の向きによって、日当たりや温度、家賃などが変わってきます。
では、どの向きが自分に合っているのでしょうか。
ここでは、賃貸住宅の部屋の向きによる特徴と選び方をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

南向き

南向きは、日中の日当たりが最も良い向きです。
洗濯物が乾きやすく、部屋が明るく暖かくなります。
照明や暖房の節約にもなります。
また、冬場は暖かく過ごせるので、寒さに弱い人にもおすすめです。
南向きのデメリットは、家賃が高くなりやすいことです。
南向きは人気が高いので、他の向きよりも家賃が高めに設定されていることが多いです。
また、夏場は日差しが強くなり、部屋が暑くなりやすいこともあります。
カーテンや日よけを使って日差しを遮る必要があります。
南向きは、日当たりを重視する人や冬場を快適に過ごしたい人に向いています。

北向き

北向きは、日中の日当たりが最も悪い向きです。
洗濯物が乾きにくく、部屋が暗く寒くなります。
照明や暖房の費用がかかります。
また、湿気がこもりやすく、カビやダニが発生しやすいこともあります。
北向きのメリットは、家賃が安くなりやすいことです。
北向きは人気が低いので、他の向きよりも家賃が安めに設定されていることが多いです。
また、夏場は涼しく過ごせることもあります。
日差しが入らないので、フローリングや壁紙などの日焼けも防げます。
北向きは、家賃を抑えたい人や夏場を涼しく過ごしたい人に向いています。

東向き

東向きは、朝から昼前まで日当たりが良い向きです。
朝型の人や早起きする人にとっては快適です。
洗濯物は早めに干せば乾きます。
また、午後からは日差しが入らなくなるので、夏場は暑さを和らげられます。
東向きのデメリットは、朝から日差しが強くなることです。
カーテンを開けると眩しく感じることもあります。
また、冬場は午後から寒くなることもあります。
暖房をつける必要があります。
東向きは、朝から活動的な人や夏場を快適に過ごしたい人に向いています。

西向き

西向きは、午後から夕方まで日当たりが良い向きです。
夕日を眺めることができるので、ロマンチックな雰囲気を楽しめます。
また、夕方から夜にかけて洗濯物を干す人にとっては便利です。
西向きのデメリットは、午後から日差しが強くなることです。
部屋が暑くなりやすく、エアコンの使用頻度が高くなります。
また、夕日が眩しすぎることもあります。
カーテンや日よけを使って日差しを遮る必要があります。
西向きは、夕日を見たい人や夜型の人に向いています。

まとめ

賃貸住宅の部屋の向きによって、日当たりや温度、家賃などが変わってきます。
自分のライフスタイルや好みに合わせて、最適な向きを選びましょう。
部屋の向きだけでなく、窓の大きさや形、建物の高さや周囲の環境なども考慮することが大切です。
賃貸住宅の部屋の向きに関する詳しい情報は、当社のホームページでご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域の不動産や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|デザイナーズ賃貸物件とは?一般的な賃貸物件とはここが違う!   記事一覧   賃貸物件の構造と鉄筋コンクリートの特徴|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約