都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約における保証人の役割と必要条件

賃貸契約における保証人の役割と必要条件

カテゴリ:賃貸の契約に関するノウハウ

賃貸契約における保証人の役割と必要条件

賃貸物件を借りる際には、家賃の支払いを保証する人が必要です。
しかし、親族や友人などに頼める人がいない場合はどうすればよいのでしょうか。
この記事では、賃貸契約における保証人の役割と必要条件、保証人がいない場合の対処法についてご紹介します。
賃貸物件を探している方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

保証人とは何か

保証人とは、賃貸物件を借りる人(借り主)が家賃や修繕費などを滞納した場合に、代わりに支払う義務を負う人のことです。
賃貸契約をする際には、借り主と保証人の双方が契約書に署名捺印する必要があります。
保証人は、借り主の身元や信用を担保する役割を果たします。

保証人になれる人の条件とは

保証人になれる人は、以下の条件を満たす人です。

●親族(2親等以内)か経済的に安定した収入がある人
●反社会的勢力に属していない人


親族であっても年金生活者や無職者などは、収入が安定していないと判断される場合があります。
その場合は、別の保証人を探す必要があります。
また、物件や不動産会社によっては、親族以外の保証人を認めないこともあります。
事前に確認しておきましょう。

保証会社を利用するメリットと注意点

保証人が見つからない場合や、親族以外の保証人を立てられない場合は、保証会社を利用することができます。
保証会社とは、借り主が家賃や修繕費などを滞納した場合に、代わりに支払うサービスを提供する会社です。
多くの物件や不動産会社では、保証会社の利用を推奨しています。
保証会社を利用するメリットは以下の通りです。

●親族や友人などに頼まずに済む
●審査がスムーズに進む
●敷金や礼金が減額されることもある


一方で、注意点もあります。

●初回の保証料(家賃の50%~100%程度)と更新料(2年ごとに家賃の1ヶ月分程度)が必要
●過去に家賃滞納歴があると審査に通らないこともある
●保証会社が倒産した場合は別の会社に変更しなければならない

保証人の変更方法と注意点

賃貸契約中に保証人が亡くなったり、収入が減ったりした場合は、別の保証人に変更することができます。
この場合は、以下の手順で保証人の変更を行います。

●新しい保証人になってもらえる人を探す
●新しい保証人の同意を得る
●不動産会社に保証人の変更を申し出る
●新しい保証人の書類(身分証明書、収入証明書など)を提出する
●新しい保証人と契約書に署名捺印する


保証人の変更は、不動産会社の承認が必要です。
また、変更手数料が発生することもあります。
事前に不動産会社に確認しておきましょう。

まとめ

賃貸契約における保証人の役割と必要条件、保証人がいない場合の対処法についてご紹介しました。
保証人は、借り主の家賃や修繕費などの支払いを保証する重要な存在です。
親族や友人などに頼める人がいない場合は、保証会社を利用することができます。
しかし、保証会社にもメリットとデメリットがあります。
自分の状況に合った方法を選びましょう。
また、賃貸契約中に保証人を変更することも可能ですが、手続きや費用がかかることもあります。
賃貸物件を借りる際には、保証人のこともしっかり考えておく必要があります。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の内見のコツと注意点を解説   記事一覧   メゾネットタイプの賃貸物件の魅力とは?一人暮らしにもおすすめの理由|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約