都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でフローリングのカビが気になる方必見!掃除方法や対策をご紹介!

賃貸物件でフローリングのカビが気になる方必見!掃除方法や対策をご紹介!

カテゴリ:暮らしに関するノウハウ

賃貸物件でフローリングのカビが気になる方必見!掃除方法や対策をご紹介!

賃貸物件でフローリングにカビが生えてしまうと、退去時にトラブルになることもあります。
カビは健康にも悪影響を及ぼすので、早めに対処することが大切です。
しかし、どうしてカビが生えるのか、どうやって掃除すればいいのか、掃除で傷を付けてしまったらどうなるのかなど、分からないことも多いでしょう。
そこで、この記事では、賃貸物件 フローリングのカビに関する基本的な知識や対策方法をご紹介します。
カビが生えないようにするためにも、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

フローリングにカビが生える原因とは?

フローリングにカビが生える主な原因は、湿気と温度です。
湿気が高くて温度が低い場所では、カビの発生に適した環境ができます。
特に、冬場の暖房や結露、夏場の冷房や汗などで、フローリングの表面や隙間に水分が溜まりやすくなります。
また、掃除を怠ったり、敷物や家具などでフローリングを覆ってしまうと、通気性が悪くなり、カビの発生を促進します。

賃貸でも大丈夫!フローリングのカビをきれいに掃除する方法

フローリングのカビを掃除するには、まずは水分を拭き取ることが重要です。
カビは水分があると増殖しやすいので、乾いた布やペーパータオルなどでしっかりと水分を吸い取りましょう。
次に、カビ取り剤や漂白剤などを使ってカビを除去します。
市販のカビ取り剤は効果的ですが、成分によってはフローリングにダメージを与えることもあるので、必ず使用前にパッチテストを行ってください。
また、漂白剤は色落ちや変色の原因になることもあるので、注意して使用してください。
カビ取り剤や漂白剤を塗布したら、しばらく放置してから、水拭きして乾かします。
最後に、防カビ剤や防カビワックスなどを塗って仕上げます。
これらの製品はカビの再発生を防ぐ効果がありますが、同様にパッチテストを行ってから使用してください。
フローリングのカビを放置すると、健康被害だけでなく、退去時にトラブルになる可能性もあります。
カビはフローリングの表面だけでなく、下地や断熱材などにも浸透してしまうことがあります。
その場合、単純な掃除では除去できず、フローリングの張り替えや補修が必要になることもあります。
その費用は賃貸契約によって異なりますが、一般的には入居者負担となることが多いです。
また、カビが原因で室内環境が悪化したり、他の部屋にも広がったりすると、大家さんや管理会社からクレームを受けることもあります。
そのため、フローリングのカビは早めに対処することがおすすめです。

フローリングのカビ掃除で傷をつけたら?賃貸では入居者負担になる場合も

フローリングのカビ掃除で傷をつけてしまった場合も、退去時にトラブルになる可能性があります。
傷は通常の使用によるものとは判断されず、入居者の過失によるものとみなされることがあります。
その場合、フローリングの張り替えや補修の費用は入居者負担となることが多いです。
また、傷が深い場合や広範囲に及ぶ場合は、カビの発生を促進することもあります。
そのため、フローリングのカビ掃除では、適切な方法と道具を使って、傷をつけないように注意しましょう。
例えば、金属製のスポンジやブラシはフローリングに傷をつけやすいので、使用しないでください。
また、カビ取り剤や漂白剤などは強力な薬剤なので、過剰に使用するとフローリングにダメージを与えることもあります。
必ず説明書に従って使用量や使用時間を守ってください。

まとめ

フローリングにカビが生える主な原因は、湿気と温度です。
カビは健康被害だけでなく、退去時にトラブルになる可能性もあります。
そのため、早めに対処することがおすすめです。
フローリングのカビ掃除では、水分を拭き取ってからカビ取り剤や漂白剤などを使って除去し、防カビ剤や防カビワックスなどで仕上げます。
また、傷をつけないように注意してください。
フローリングのカビ予防では、湿度管理と通気性がポイントです。
湿度計や除湿器などで湿度を調整し、窓やドアなどで空気を入れ替えてください。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域の不動産や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットや家賃、ユニットバスとの違いをご紹介!   記事一覧   賃貸物件でできる寒さ対策をご紹介!これさえやれば冬でもお部屋は寒くない!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約