都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットや家賃、ユニットバスとの違いをご紹介!

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットや家賃、ユニットバスとの違いをご紹介!

カテゴリ:設備条件に関するノウハウ

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットや家賃、ユニットバスとの違いをご紹介!

バストイレ別の賃貸は、快適な暮らしを求める人に人気の条件です。
しかし、バストイレ別の賃貸には、メリットだけでなく、デメリットもあります。
また、家賃もユニットバスの賃貸と比べて高い傾向にあります。
そこで、この記事では、バストイレ別の賃貸のメリットやデメリット、家賃について詳しく解説します。
また、ユニットバスの賃貸との違いも比較してお伝えします。
バストイレ別の賃貸を探す際に参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

バストイレ別の賃貸のメリット

バストイレ別の賃貸は、浴室とトイレが別々になっているタイプのことです。
このタイプは、「セパレート」とも呼ばれます。
バストイレ別の賃貸には、以下のようなメリットがあります。

広々とした洗い場

セパレートの浴室は、浴槽と洗い場が分かれています。
そのため、浴槽にお湯を張っておいても、洗い場で体を洗ったり髪を洗ったりすることができます。
また、浴槽にゆっくり入ることもできます。
これは、毎日の疲れを癒すためにも大切なことですね。

収納スペースが充実

セパレートの浴室は、収納スペースがしっかりと設けられています。
シャンプーやボディソープなどの洗面用品や、タオルやブラシなどの入浴用品をすっきりと収納することができます。
これは、見た目も使いやすさも良くなりますね。

トイレが空いている

バストイレ別の賃貸は、浴室とトイレが別々になっています。
そのため、入浴中でもトイレを使うことができますし、トイレ中でも入浴することができます。
これは、一人暮らしでも家族暮らしでも便利なことですね。

バストイレ別の賃貸のデメリット

バストイレ別の賃貸には、メリットだけでなく、デメリットもあります。
以下のような点に注意してください。

掃除が大変

セパレートの浴室は、広さや収納スペースがある分、掃除する範囲も多くなります。
特に、湿気やカビに気を付ける必要があります。
また、トイレも別々に掃除する必要があります。
これは、時間や手間がかかることですね。

その点ユニットバスはまとめて掃除することができます。

光熱費が高くなる

セパレートの浴室は、ゆっくり入浴することができますが、その分お湯を多く使うことになります。
また、広い空間を暖めるためにも電気代がかかります。
これは、光熱費が高くなる可能性があります。

バストイレ別の賃貸の家賃

バストイレ別の賃貸は、快適な暮らしを提供してくれますが、その分家賃も高くなります。
一般的に、ユニットバスの賃貸よりも、バストイレ別の賃貸の方が家賃が高い傾向にあります。
これは、床面積や設備のグレードなどによっても変わりますが、平均的には約1万円程度の差があると言われています。
また、バストイレ別の賃貸は、ユニットバスの賃貸に比べて物件数が少ないこともあります。
そのため、希望するエリアや条件に合う物件を見つけるのが難しい場合もあります。

ユニットバスの賃貸との違い

ユニットバスの賃貸は、浴室とトイレが一体化したタイプのことです。
このタイプは、「コンパクト」とも呼ばれます。
ユニットバスの賃貸は、以下のような特徴があります。

省スペース

ユニットバスの賃貸は、浴室とトイレが一つになっているため、床面積を節約することができます。
そのため、部屋全体の広さを有効に使うことができます。
また、掃除する範囲も少なくなります。

家賃が安い

ユニットバスの賃貸は、バストイレ別の賃貸よりも家賃が安い傾向にあります。
これは、床面積や設備のグレードなどによっても変わりますが、平均的には約1万円程度の差があると言われています。
また、ユニットバスの賃貸は、バストイレ別の賃貸に比べて物件数が多いこともあります。
そのため、希望するエリアや条件に合う物件を見つけやすい場合もあります。

入浴中やトイレ中は使えない

ユニットバスの賃貸は、浴室とトイレが一つになっているため、入浴中やトイレ中は使えません。
これは、一人暮らしでも家族暮らしでも不便なことですね。
特に、朝や夜などの時間帯には混雑することもあります。

湿気やカビに注意

ユニットバスの賃貸は、浴室とトイレが一つになっているため、湿気やカビに注意する必要があります。
特に、浴室内で洗濯物を干したりすると、湿気がこもってカビが発生しやすくなります。
また、トイレ内で水滴や汚れが付着したりすると、臭いや衛生面に問題が生じることもあります。

まとめ

以上、賃貸の「バストイレ別」をテーマに、セパレートのメリットやデメリット、家賃について解説しました。
バストイレ別の賃貸は、一般的には快適さや清潔さを重視する方におすすめです。
しかし、一部の物件では、バストイレの間に壁がない場合や、バストイレが離れている場合もあります。
そのような場合は、水回りの管理や利便性に注意が必要です。
また、バストイレ別の賃貸は、同じ間取りや広さのワンルームや1Kと比べて、家賃が高くなる傾向があります。
そのため、予算やライフスタイルに合わせて、自分にとって最適な物件を選ぶことが大切です。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域の不動産や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|二人暮らしにおすすめの間取りとお部屋探しのポイントをご紹介!   記事一覧   賃貸物件でフローリングのカビが気になる方必見!掃除方法や対策をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約