都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の中部屋にはどんな特徴がある?家賃・湿気対策・温かさについて

賃貸物件の中部屋にはどんな特徴がある?家賃・湿気対策・温かさについて

カテゴリ:暮らしに関するノウハウ

賃貸物件の中部屋にはどんな特徴がある?家賃や温かさについて

賃貸物件の中部屋とは、左右両隣を住戸に挟まれた部屋のことです。
中部屋にはメリットとデメリットがありますが、それぞれどのようなものでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の中部屋とは

中部屋の定義と特徴

中部屋とは、建物の中央に位置する部屋で、左右両隣が他の住戸になっているものを指します。
中部屋は、一般的には角部屋や端部屋よりも家賃が安く設定されていることが多いです。
また、中部屋は外壁が少ないため、室温が一定に保ちやすく、冬は暖かく、夏は涼しいという特徴があります。
しかし、中部屋には日当たりや換気が悪いという欠点もあります。
さらに、隣人からの生活音や玄関前を通る人の目が気になる場合もあります。

中部屋の数と需要

日本では、賃貸物件の約3割が中部屋であると言われています。
しかし、中部屋の需要は地域や物件によって異なります。
例えば、都心部では家賃が高いため、中部屋でも問題なく入居者が見つかる場合が多いです。
一方、郊外では家賃が安くても日当たりや風通しが悪い中部屋は敬遠される傾向にあります。
また、物件の間取りや設備によっても中部屋の魅力は変わります。
例えば、バルコニーがある場合や窓が大きい場合は日当たりや換気が改善されますし、防音性能が高い場合は隣人からの騒音を軽減できます。

賃貸物件の中部屋のメリット

室温が一定に保ちやすい

中部屋の最大のメリットは、室温が一定に保ちやすいことです。
外壁が少ないため、外気温の影響を受けにくく、冬は暖かく、夏は涼しいです。
これにより、エアコンや暖房器具の使用頻度や電気代を抑えることができます。
また、室温が快適であれば健康面や睡眠面にも良い影響を与えます。

家賃が安い場合が多い

中部屋は角部屋や端部屋よりも家賃が安く設定されていることが多いです。
これは、日当たりや換気などの条件が劣るためです。
しかし、家賃を安く抑えることで生活費を節約できるというメリットもあります。
特に都心部では家賃相場が高いため、中部屋でも十分な広さや設備を備えた物件を見つけることができる場合があります。
また、家賃が安いということは、敷金や礼金などの初期費用も安くなる可能性が高いです。
これは、引越し費用や家具や家電の購入費用などを考えると大きなメリットです。

賃貸物件の中部屋のデメリット

日当たりや換気が悪い場合が多い

中部屋の最大のデメリットは、日当たりや換気が悪い場合が多いことです。
外壁が少ないため、窓からの光や風が入りにくく、部屋が暗くなったり、湿気や臭いがこもったりすることがあります。
これは、カビやダニなどの発生や、カーテンや壁紙などの色あせや劣化を招く可能性があります。
また、日当たりや換気が悪いということは、気分や体調にも悪影響を与えることがあります。
特に冬場は日照不足によるうつ病や風邪の予防に注意する必要があります。

隣人からの騒音や目線が気になる場合がある

中部屋は左右両隣に住戸があるため、隣人からの生活音や話し声などの騒音を聞きやすい場合があります。
これは、防音性能が低い物件だと特に顕著です。
また、玄関前を通る人の目線も気になる場合があります。
これは、プライバシーを守りたい人にとっては不快感を感じる可能性があります。
特に女性や一人暮らしの人はセキュリティ面にも注意する必要があります。

まとめ

賃貸物件の中部屋にはメリットとデメリットがあります。
メリットは室温が一定に保ちやすく、家賃が安い場合が多いことです。
デメリットは日当たりや換気が悪く、隣人からの騒音や目線が気になる場合があることです。
中部屋を選ぶかどうかは、自分のライフスタイルや予算に合わせて判断することが大切です。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域の不動産や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸契約の必要書類をスムーズに揃えるコツがある?入手方法や注意点を解説!   記事一覧   賃貸物件のユニットバスは掃除や使い方には注意が必要?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約