都城市の賃貸|株式会社ROOM不動産 > 株式会社ROOM不動産のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の内見のコツと注意点を解説

賃貸物件の内見のコツと注意点を解説

カテゴリ:暮らしに関するノウハウ

賃貸物件の内見のコツと注意点を解説

賃貸物件を探す際には、内見をしっかりと行うことが重要です。
内見では、物件の状態や立地、日当たりや防犯など、自分の希望に合うかどうかを確認する必要があります。
内見を効果的に行うためには、持ち物や時間帯、チェックポイントなどを事前に把握しておくことがおすすめです。
ここでは、賃貸物件の内見に関する持ち物や時間帯、チェックポイントなどを詳しく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

内見にかかる時間は物件によって異なる

賃貸物件の内見にかかる時間は、物件の数や距離、交通手段などによって変わりますが、一般的には1件あたり30分から1時間ほどです。
この時間には、物件の中や外を見て回る時間や、不動産屋さんとのやり取りの時間も含まれます。
内見する物件が多い場合や、物件同士の距離が遠い場合は、それだけ時間が長くなります。
また、交通渋滞や電車の遅延なども考慮する必要があります。
そのため、内見する日は時間に余裕を持って計画することが大切です。

内見に必要な持ち物

賃貸物件の内見時には、以下のような持ち物が必要です。

メジャー

家具のサイズやカーテンレールの長さなどを測るためにメジャーは必携です。
メジャーで測ったサイズをメモしておくと、家具の購入や配置の際に役立ちます。

コンパス

物件の窓の向きや日当たりを確認するためにコンパスも便利です。
窓の向きによっては、夏は暑く冬は寒いということもあります。
日当たりが良い物件を選ぶなら、南向きや東向きがおすすめです。

内見する時間帯

賃貸物件の内見する時間帯によっても、物件の印象は変わります。
以下のような時間帯ごとの特徴を参考にしてください。

朝は日が昇る方向から日当たりや明るさを確認できます。
特に午前中から正午にかけては、室内が一番明るくなる時間帯です。
日当たりが良い物件を探したい場合は、この時間帯に内見することがおすすめです。

昼は住民が外出している時間帯なので、共用部分や管理状況をチェックできます。
共用部分が清潔で整備されているかどうかは、管理人や大家の対応も含めて重要なポイントです。

夜は防犯面や静かさを確認できます。
周辺が暗くて不安に感じるかどうかや、交通量や騒音が気にならないかどうかをチェックしましょう。
防犯面や静かさを重視する場合は、この時間帯に内見することがおすすめです。

賃貸物件の内見でチェックすべきポイント

賃貸物件の内見では、以下のようなポイントをチェックしましょう。

水回り

水回りは生活に直結する部分なので、特に注意して確認しましょう。
シャワーの水圧やトイレの水流、キッチンの清潔さなどをチェックします。
カビや汚れがないかも確認しましょう。

周辺環境

周辺環境も生活に影響する部分なので、確認しましょう。
最寄り駅やバス停、スーパーやコンビニ、病院や学校などの施設の距離や利便性を確認します。
また、治安や騒音、災害のリスクなども気になるところです。
周辺環境が快適で安全な物件を選びましょう。

契約条件

契約条件も重要なポイントです。
賃料や敷金礼金、管理費や共益費、更新料や解約料などの費用を確認しましょう。
また、ペットや楽器の使用、駐車場の有無などの制限事項もチェックしましょう。
契約条件が自分の予算やライフスタイルに合っているかどうかを判断しましょう。

まとめ

賃貸物件の内見は、物件の状態や立地、日当たりや防犯などを確認する重要な機会です。
内見を効果的に行うためには、持ち物や時間帯、チェックポイントなどを事前に把握しておくことがおすすめです。
この記事では、賃貸物件の内見に関する持ち物や時間帯、チェックポイントなどを詳しく解説しました。
ぜひ参考にして、自分にぴったりの物件を見つけてください。
私たち株式会社ROOM不動産 本店は、都城市全域の不動産や三股町、曽於市を中心にさまざまな物件を扱っております。
ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件における電気式浴室乾燥機のメリットと使い方   記事一覧   賃貸契約における保証人の役割と必要条件|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約